読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くろがね産業 社長ブログ

環境ビジネス界で働く社長の奮闘記 Part.2

6時間リレーマラソン

少し前のことになりますが、10月2日に行われた6時間リレーマラソン岡山大会に参加してきました。

f:id:kurogane-s:20161030105203j:plain

くろがね産業は第2回から参加しているので、今回が5回目。

今年の順位は、職場対抗の部で255位。

・・・年々順位が下がっています(汗)

 年々全体の参加人数が増えている(今年は7,000人だそうで)とはいえ、やはり昨年より上を目指して努力していかなければならないですね。

f:id:kurogane-s:20161030105152j:plain

 

今年はくろがね産業が40周年ということもあり、Tシャツも奮発して作成しました。

f:id:kurogane-s:20161030105101j:plain

 

そもそも、なぜ6時間リレーマラソンに参加するのか。

それは、皆でタスキを繋いでいくということはリレーマラソンも仕事も同じだからです。

走っている間はシンドイです。歩きたくなる。

特に仲間が見ているスタジアム内はいいですが、外のコースに出るとキツいです。

誰も見てないし、歩いちゃおうか・・・

そんな弱い気持ちと戦いながら走ります。

大切なのは、見ていないところでどれだけ頑張れるか。自分がサボると全体に影響してしまう、仲間のためにも頑張ろう、と氣持ちを奮い立たせて走る。

そして必ず仲間が中継地点で待っていてくれる。

そう思うから最後の力を振り絞って走る。

タスキを繋いだあとの達成感、満足感。

実は普段の仕事でも同じようなことではないかと思います。

ただ、日々「なんとなく」やっているから分からない。満足感が得られない。感謝できない。感動がない。

 

だから、こういう機会を提供してもらって本当にありがたいのです。

改めて仕事に置き換えたときに、「なんとなく」やっていないか、キツいことから逃げていないか、ということを反省することになります。

 

皆が持ち場で最大の努力をするからこそ楽しい。

個人能力に差はもちろんあります。早く走れる人、体力がある人・・・でも、その場面場面で自分の弱い心に打ち勝って最大の努力ができるかが尊いのです。

くろがね産業はそういう集団でありたいな~と思います。

 

皆が努力したからこそ、この後の打ち上げでも美味しくお酒が飲めるものです。

実際に、美味しかったですね。

打ち上げの写真は取り忘れました・・・