読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くろがね産業 社長ブログ

環境ビジネス界で働く社長の奮闘記 Part.2

目的、存在意義、理念

立教大学体育会男子ラクロス部 創部30周年記念パーティー

2週間ほど前のことですが、先輩方、同期、後輩達と楽しんできました!

4次会まで、さすがに飲み過ぎたけど(笑)

 

企画から運営までしていただいた実行委員会の皆さまに大感謝です。こういう機会があることはOBGにとっては本当に有り難いです。

創部から30年経過して、現役部員は100名近くになっていると同時にOBGの数も増えて、その中に色々な想いを持った人が居て、それを一つのベクトルにまとめていくことはものすごく大変なことだと思います。

それは小さいながらも会社を経営している経験からも分かります。

 

関わる人数やステークホルダーも増え、色々な思いを叶える場にしていくためにも、やはり

「我々の存在する意義」

「我々は何を目指すのか、なぜ目指すのか」

ということを必死で考え、伝え説得し、共有していくということが、土台としてどうしても必要ですね。

毎年のスローガンも大切です。でも、最も大切なのは会社でいう「経営理念」のようなものがあって初めてスローガンが活きてくるんだろうな~と。

そしてそれは、現役とOBGが真剣に議論を交わしながら創るべきなんだろうな、と考えていました。

 

「我が部はラクロスを通じ、世界で活躍する人材を輩出することを目的とする。」

後日総会資料として送られてきた資料の中にあったのがこの「立教大学男子ラクロス部の目的」です。

 

素晴らしいことです。

つまりこれは、「我が部の存在意義」ということです。

「それは、世界基準で考えたときに正しいことなのか」ということですね。

言い換えれば、これがなくなれば立教大学男子ラクロス部ではなくなる、ということです。

 

日々の言動がここに繋がっているのかどうかを強烈に意識しなければなりません。もちろんプレー面だけではなく、組織としての活動、OBGや部員の立ち居振る舞いがここに結びついていること。

組織として、学生として、社会人として、人としてどうあるべきか。

 

OBとして、襟を正さなければなりません(笑)

近い将来、世界で活躍する人材を多く輩出されることを期待しています。そしてそれは、この「我が部の目的」を常に抱いて進んだからに他ならないと胸を張って言ってもらいたい。

 

私も負けないように精進します!

 

f:id:kurogane-s:20170315144809j:plain

f:id:kurogane-s:20170315144831j:plain

テレビ番組に出ます(3月12日)

3月12日(日) 午前11:45~12:00

RNC西日本放送さんの「ルック~地域発・輝くカンパニー~」という番組で特集していただきます。

http://www.rnc.co.jp/tv/look/

f:id:kurogane-s:20170310093534p:plain

ご縁あって取材のお話をいただき、社内の皆と相談してお引き受けすると決めましたが、我々が15分間もの番組で何の話題を提供できるのか、ということを考えたときに、やはり、

「大家族主義の経営」

「全員参加の経営」

しかないのではないかという結論に至りました。

 

取材当日は私も若干緊張して、うまく話せたかどうかが分かりません。。。

もっと伝わるように話せたのに・・・という氣持ちもありますが、あとはプロの編集の仕事に期待するとします(笑)

 

よろしければご覧ください!

f:id:kurogane-s:20170305175223j:plain

f:id:kurogane-s:20170305175227j:plain

上半期業績報告会

くろがね産業は8月が決算月です。

なので半年経過した2月の末日に業績報告会を実施しました。

f:id:kurogane-s:20170305175230j:plain

目標に対し、進捗の共有を行います。

うまくいったこと、うまくいかなかったこと、両方に原因があります。

うまくいったことは、再現性があるか。

うまくいかなかったことは、どうすればうまくいくのか。

そういうことを皆で共有し、「全員参加の経営」を行ううえでも大切な報告会です。

 

f:id:kurogane-s:20170305175244j:plain

その後はもちろんコンパです。

こっちも「大家族主義経営」に大切なことです。

 

まだまだこの2つの柱を実現するには課題が多いですが、一歩一歩でも着実に進めていきます。

広告を非表示にする

フィロソフィ策定プロジェクト

今期は自社の「フィロソフィ」を創る!
と宣言したので、現在プロジェクトチームが活動しています。

 

昨日は「くろがねフィロソフィ」策定プロジェクトの第3回目のミーティングでした。

社員全員から集めた案をひとつひとつ検証し


・我々らしい言い回しはどういうものだろうか
・もっと掘り下げられないか
・これでイメージできるか

etc.

 

議論を重ねています。

 

我々はどういう考え方で経営に臨むのか。
我々が考える理念の具現化とはどのようにして為されるべきか。
迷ったときに立ち戻る指針はどうあるべきか。

 

そのようなことを自分たちで考え議論し、「フィロソフィ」として項目に挙げていきます。

 

その後はコンパです。
社内でのコンパは久しぶりでしたが、このほうが皆が参加しやすくていいですね。
こういうことを積み重ねて全員参加経営、大家族主義経営に繋げていきたいな~と思います。

 

 

f:id:kurogane-s:20170115093518j:plain

f:id:kurogane-s:20170115093630j:plain

2017年スタート!

おけましておめでとうございます。

くろがね産業は本日が仕事初めです。


毎年恒例の岡山県護国神社にて商売繁盛の祈祷をしていただき、社員一人ひとりが絵馬に今年の目標を書いて誓います。

私の目標は、今年の酉年にちなんで『鶏口牛後』。

f:id:kurogane-s:20170104201630j:plain

本来は

「大きな集団や組織で末端にいるよりは、小さくてな組織でもトップにいなさい」

という意味ですが、少し解釈を変えて


「大きな事を考えて一歩が出ないよりは、小さくても良いと思ったことをすぐにやる」


という意味で書きました。とにかくスピードです。


そして、「何のためにやるのか」という大義を常に考えて行動すること。『なんとなくやらない』こと。スピードを上げても、なんとなくやって進むべき方向から外れていたのでは意味がありません。

 

全員参加の経営
大家族主義の経営


をベースに本年も精進していきます!

f:id:kurogane-s:20170104201542j:plain

広告を非表示にする

2016年もお世話になりました

早いもので、もう2016年が過ぎようとしています。

歳を取ると時間が過ぎるのが早いとはいいますが、今年一年を振り返ってもまだまだやり残したことが多いです。

一日一日、いまこの一瞬を大切にしていかなければ、あっというまに歳を重ねただけになりますので、来年はもっと精進していかねばならないと気を引き締める大晦日です。

 

さて、くろがね産業は29日が仕事納めでした。

前日28日の昼は恒例の焼き肉ランチ。

f:id:kurogane-s:20161228200741j:plain

f:id:kurogane-s:20161228200748j:plain

いつもお世話になっている天楽さん、お昼は営業していないのですが我々のために開けていただきました。ありがとうございます。

 

そして29日、仕事納めの後は望年会です。

f:id:kurogane-s:20161231183325j:plain

こちらも望年会はいつも「はまゆう」です。日本酒がどんどん出てくるので最後はベロベロになりますが、お酒を入れて腹を割って色々な話をすることが重要です。だから、手っ取り早く酔える方がいい(笑)。

我々の目指す「大家族主義」では優しさと厳しさの両方が必要です。『小善は大悪に似たり、大善は非情に似たり』というものです。普段、我々は厳しいことはなかなか言えなかったりします。嫌われたくないという利己心が邪魔をします。でも、本当に相手のことを思う愛情が根底にあれば、厳しいことも言わなければならないのです。本人のために。その源泉となるのがこういった飲み会(コンパ)です。

来年はもっともっと、このコンパを深化させたいと考えています。

 

お客様、従業員のみなさん、金融機関さま、ご近所の方々、その他多くの方に支えられて走り抜けた2016年でした。まだまだ理想の姿は遠く北極星のように輝いているだけですが、北極星を見つけられただけで少なくとも進むべき方向は定まりました。理想を掲げるだけでは勝手には実現していかないし、裏技があるわけでもありません。一歩一歩着実に積み重ねていくしかないと思っています。決してスマートではないかもしれませんが、泥臭い努力を積み重ねることが、くろがね産業らしくていいのかなと思います。

2017年、もっと多くのお客様に喜んでいただき、従業員をはじめ関係者の方々を幸せにし続けられるよう、精一杯努力して参ります。

どうぞ来年もよろしくお願い申し上げます。

6時間リレーマラソン

少し前のことになりますが、10月2日に行われた6時間リレーマラソン岡山大会に参加してきました。

f:id:kurogane-s:20161030105203j:plain

くろがね産業は第2回から参加しているので、今回が5回目。

今年の順位は、職場対抗の部で255位。

・・・年々順位が下がっています(汗)

 年々全体の参加人数が増えている(今年は7,000人だそうで)とはいえ、やはり昨年より上を目指して努力していかなければならないですね。

f:id:kurogane-s:20161030105152j:plain

 

今年はくろがね産業が40周年ということもあり、Tシャツも奮発して作成しました。

f:id:kurogane-s:20161030105101j:plain

 

そもそも、なぜ6時間リレーマラソンに参加するのか。

それは、皆でタスキを繋いでいくということはリレーマラソンも仕事も同じだからです。

走っている間はシンドイです。歩きたくなる。

特に仲間が見ているスタジアム内はいいですが、外のコースに出るとキツいです。

誰も見てないし、歩いちゃおうか・・・

そんな弱い気持ちと戦いながら走ります。

大切なのは、見ていないところでどれだけ頑張れるか。自分がサボると全体に影響してしまう、仲間のためにも頑張ろう、と氣持ちを奮い立たせて走る。

そして必ず仲間が中継地点で待っていてくれる。

そう思うから最後の力を振り絞って走る。

タスキを繋いだあとの達成感、満足感。

実は普段の仕事でも同じようなことではないかと思います。

ただ、日々「なんとなく」やっているから分からない。満足感が得られない。感謝できない。感動がない。

 

だから、こういう機会を提供してもらって本当にありがたいのです。

改めて仕事に置き換えたときに、「なんとなく」やっていないか、キツいことから逃げていないか、ということを反省することになります。

 

皆が持ち場で最大の努力をするからこそ楽しい。

個人能力の差はもちろんあります。早く走れる人、体力がある人・・・でも、その場面場面で自分の弱い心に打ち勝って最大の努力ができるか、ということが尊いのです。

くろがね産業はそういう集団でありたいな~と思います。

 

皆が努力したからこそ、この後の打ち上げでも美味しくお酒が飲めるものです。

実際に、美味しかったですね。

打ち上げの写真は取り忘れました・・・